居宅介護支援サービスとは

居宅介護支援とはケアマネジメントと呼ばれる、要介護認定(要介護1~5)を受けた介護を必要としている方に対して可能な限りご自宅で自立した日常生活が送れるように利用者の状況や環境に応じて、介護サービスを利用するためのケアプランを作成し、事業者や関係機関との連絡・調整を行い適切な介護保険のサービスが提供されるように支援を行います。

居宅介護支援サービスとは

ケアマネージャーの仕事

支援や介護が必要な方が、適切な介護サービスを受けられるようにするために、居宅サービス計画書(ケアプラン)を作成したり、いろいろな連絡調整や申請代行などを行う専門職です。
当事業所にもケアマネージャーは在籍しておりますので、介護のご相談がありましたら、お気軽にご相談ください。

ケアマネージャー

介護相談

病院から退院したり、利用者様やご家族が自宅での日常生活に心配な事がありましたら何でもお気軽にご相談ください。

介護相談

要介護認定申請代行

利用者様やご家族が市区町村の窓口で「要介護認定」の申請をしますが、あえるに在籍している介護支援専門員(ケアマネージャー)が無料で申請代行することもできます。

役所

居宅サービス計画書作成

申請から約30日で認定結果と介護保険証が届きます。居宅サービスをご利用いただく際は、居宅サービス計画書(ケアプラン)の作成が必要となりますので、どのようなサービスが必要か相談して介護支援専門員(ケアマネージャー)が居宅サービス計画書を無料で作成します。

ケアプラン

相談例:Aさん

認知症で祖母の介護を自宅で行っていました。
訪問介護をお願いしようか、デイサービスを利用しようか、それともどこかの施設に入居が必要か…など、初心者でわからないことだらけでした。
今回、そういった悩みを相談したいと思い、電話で問い合わせたらすぐに訪問して頂き、今の祖母の現状や、家族の事などしっかりヒアリングして頂けました。
最終的に、祖母にとっても私達にとっても皆が納得してくれるプランを作成して頂き、今では訪問介護のサービスを受けています。
サービスを受ける際の必要な手続きなどもしっかりサポートしてくれて、とても助かりました。

相談